スポンサーリンク

【勝負レースから注目馬まで】中央競馬レース予想❗️1月20日•1月21日

今週は中山•京都•小倉の3場開催となります。中山競馬場と京都競馬場は、雨予報となっており馬場の変化に注意が必要です。1月21日は勝負レースが1レース。注目馬が1頭となります。本日も馬場状況を確認しながら予想していきます。皆様の参考になれば幸いです❗️

スポンサーリンク

1月21日(日)注目馬

  1. 中山5R      5   タイキジパング
  2. 中山11R    1   マイネルウィルトス

注目馬見解

タイキジパング

 推奨理由→前走内容を評価

前走はスタートから流れに乗れていたが後方からのレースで外を走っていた。3角途中から促され直線も大外から伸びて最後は3着馬を捉える勢いがあった。今回は内枠であり調教も前走より動いている。新馬戦時に厩舎コメントで「時計がかかって欲しい」との発言があり今回は時計のかかる馬場が想定されるのも好材料。うまくスタートから流れに乗れれば頭まであると見ている。

相手→3 7 17

本日の勝負レース

中山11R アメリカジョッキーCC 芝2,200m

【買い目】

  •  ◎1        マイネルウィルトス
  •  ○12      ボッケリーニ
  •  ▲11      チャックネイト

見解

マイエルウィルトス
  • 推奨理由→前走•前々走の内容を評価

前走は展開が向かない中の3着、前々走は外枠から終始外を回らされての2着と厳しいレースが続きながら結果を残している。今回は最内枠に入りロスのない競馬ができると見ている。雨が降り重馬場が想定されるが厩舎コメントで「雨が降るのは歓迎」との発言もあり、過去の実績を見ても馬場が悪くなるのもこの馬にとって追い風になると見ている。

1月20日(土)注目馬

  1. 中山5R      7   ロンフォン    3人気4着
  2. 中山6R      6   ディマイザキッド 2人気1着

注目馬見解

ディマイザキッド

 推奨理由→1月未勝利戦の横山武史騎手

・前走牡馬で2〜4着馬の複勝率は73% 更に着差0.0〜0.5に絞ると複勝率91%

前走はスタートで横を向いた時にゲートが空いて出遅れたのが痛かった。終始外を走らされながらも直線も最後まで伸びていたのは評価できる。前々走も直線で進路が塞がれスムーズさを欠いたにも関わらず2着と力がある事を証明している。2走とも厳しいレースだったため普通にやれれば勝ち切る力はあるとみている。

相手→12

本日の勝負レース

中山5R 3歳未勝利(牝) 芝1,600m

【買い目】

  •  ◎7        ロンフォン
  •  ○9        リヤンドゥミラクル
  •  ▲12      ソルレース

見解

ロンフォン
  • 推奨理由→前走内容を評価

前走はややスタートで後手を踏むが、その後は流れに乗ってレースができていた。直線も坂を超えてからの伸びが素晴らしかった。直線入口での接触が無ければ差し切っていた可能性もあるとみている。内よりの真ん中枠に入ったのも差し馬のこの馬にとってレースが組み立てやすい。まずはスタートを決めて流れに乗ってもらいたい。

最後まで予想を見て頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました