スポンサーリンク

中山芝2,000mの傾向と特徴【騎手•厩舎•種牡馬•脚質•枠順】攻略情報まとめ

コースの特徴

中山芝2,000mのコースの特徴と攻略ポイントを回収率にフォーカスしてまとめました。狙うポイントを解りやすく解説しています。すぐに使えるデータとなっていますので、馬券を購入する際の参考にして頂ければ幸いです。

※データは2020年1月~過去3年

 【忙しい方はここだけチェック】

~買う条件~

  1. 1番人気G3クラスのの成績が優秀
  2. 横山武史騎手⇒武井、手塚、鹿戸厩舎で今回ノーザンファーム生産馬
  3. ルメール騎手⇒今回距離延長で未勝利クラス
  4. 大野拓弥騎手⇒今回頭数増で1〜3人気
  5. 調教師⇒牡馬の国枝、田中博厩舎
  6. 調教師⇒牝馬の尾関、田村康、高柳瑞厩舎
  7. ハーツクライ産駒(牡馬)⇒前走1番人気で今回1番人気
  8. ハービンジャー産駒今回新馬戦で6〜8枠で1〜3人気
  9. エイシンフラッシュ産駒前走芝良で前走頭数増
  10. 枠・脚質4枠の逃げ、先行馬
コース形態 右回り
直線距離 310m
高低差 5.3m
コース設定 A・B・C
スポンサーリンク

中山芝2,000mコース4つの特徴

  • スタートから1コーナーまでの距離が長く急坂があるため、ペースは落ち着きやすい。
  • 3~4コーナーで下り坂となっておりペースアップしやすいため、コーナーをロスなく回った馬が有利。
  • 頭数が多いほど大外枠は不利となる。
  • 4回コーナーを回るため、先行馬有利の傾向。

単勝人気

  • 5番人気単複回収値の成績が優秀。
  • 1番人気G3クラスの成績が優秀

騎手別成績【トップ10】

横山武史騎手成績

 

  • 武井、手塚、鹿戸厩舎の成績が優秀。
  • この3厩舎で生産者ノーザンファームに絞ると⇒勝率50%・連対率62%・複勝率75% 単回205 複回収147

ルメール騎手成績

  • 今回延長の成績が優秀。
  • 今回延長で未勝利クラスの成績が優秀。

大野拓弥騎手成績

  • 今回頭数増の成績が優秀。
  • 今回1~3人気に絞ると⇒勝率62%・連対率・複勝率87% 単回295 複回収143

調教師別成績【トップ10】

牡馬のみ成績

国枝、田中博厩舎の成績が優秀。

牝馬のみ成績

尾関、田村康、高柳瑞厩舎の成績が優秀。

種牡馬別成績【トップ10】

ハーツクライ産駒(牡馬)成績

  • 前走1着の成績が優秀。
  • 今回1番人気の成績が優秀。

ハービンジャー産駒成績

  • 新馬の成績が優秀。
  • 今回6〜8枠の成績が優秀。
  • 6~8枠で今回1~3人気に絞ると⇒勝率35%・連対率42%・複勝率50% 単回436 複回収135

エイシンフラッシュ産駒成績

  • 前走芝良の成績が優秀。
  • 前走頭数増の成績が優秀。

枠順

  • 4枠の成績が優秀。
  • 逃げ、先行の成績が優秀。

脚質

  • 逃げの単、複回収値は100円越え。
  • 新馬戦の成績が優秀。

まとめ

騎手編
  1. 横山武史騎手⇒①武井、手塚、鹿戸厩舎②ノーザンファーム生産馬
  2. ルメール騎手⇒①今回距離延長②未勝利クラス
  3. 大野拓弥騎手⇒①今回頭数増②1~3人気
厩舎編
  1. 牡馬〜国枝、田中博厩舎
  2. 牝馬〜尾関、田村康、高柳瑞厩舎
種牡馬編
  1. ハーツクライ産駒(牡馬)⇒①前走1番人気②今回1番人気
  2. ハービンジャー産駒⇒①今回新馬戦②6~8枠③1~3人気
  3. エイシンフラッシュ産駒⇒①前走芝良②前走頭数増
枠•脚質編
  1. 4枠の逃げ、先行馬

以上で中山2,000mの傾向分析となります。最後までありがとうございました❗️

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました