スポンサーリンク

新潟芝2,000mの傾向と特徴【騎手•厩舎•種牡馬•脚質•枠順】攻略情報まとめ

コースの特徴

新潟芝2,000mのコースの特徴と攻略ポイントを回収率にフォーカスしてまとめました。狙うポイントを解りやすく解説しています。すぐに使えるデータとなっていますので、馬券を購入する際の参考にして頂ければ幸いです。

※データは2018年1月~過去5年

 【忙しい方はここだけチェック】

~買う条件~

  1. 騎手⇒デムーロ騎手、西村騎手、戸崎騎手
  2. 厩舎⇒牡馬の宗像、藤原英昭、田村厩舎
  3. 厩舎⇒牝馬の池添学、鹿戸厩舎
  4. 種牡馬⇒今回1人気のハービンジャー産駒
  5. 種牡馬⇒1~4枠の牡馬のシルバーステート産駒
  6. 枠⇒1勝・2勝クラスの2枠
  7. 脚質⇒新馬・未勝利戦の逃げ馬
コース形態 左回り
直線距離 内回り359m 外回り659m
高低差 70cm
コース設定 A・B
スポンサーリンク

新潟芝コース4つの特徴

  • 内回り⇒1コーナーまでの直線は長いが、ハイペースになりやすい。
  • 内回り⇒直線は長めであるが、逃げ・先行馬がそのまま残るケースも見られる。
  • 外回り⇒最初のコーナーまで948mあるため、スローペースになりやすい。
  • 外回り⇒直線が長いため、長く脚を使うことができる差し•追い込み馬が有利。

単勝人気

  • 1番人気⇒新馬戦•3勝クラスの成績が優秀。
  • 3勝クラスの複勝率は、100%である。

騎手別成績【トップ10】

Mデムーロ騎手枠順成績

  • 4〜8枠の成績が優秀。
  • 4〜8枠に絞ると、勝率43% 連対率52% 複勝率60% 単回314 複回収135

西村淳也騎手人気別成績

  • 1〜3人気騎乗時の成績が優秀。

戸崎圭太騎手人気別成績

  • 1〜3人気騎乗時の成績が優秀。
  • 2勝・3勝クラスに絞ると⇒勝率66% 連対率66% 複勝率83% 単回418 複回収145

調教師別成績【トップ10】

牡馬のみ成績

宗像・藤原英昭・田村厩舎の成績が優秀。

牝馬のみ成績

池添学•鹿戸厩舎の成績が優秀。

種牡馬別成績【トップ10】

ハービンジャー産駒 今回人気

  • 1人気の成績が優秀。

シルバーステート産駒 今回枠順成績

  • 1〜4枠の成績が優秀。

枠順

2枠クラス別成績

  • 1勝クラスの成績が優秀。

脚質

  • 逃げの単複回収値は100円を超えている。

逃げクラス別成績

  • 新馬•未勝利(内回り)の成績が優秀。

まとめ

騎手編
  1. 4〜8枠のMデムーロ騎手
  2. 1〜3人気騎乗時の西村淳也騎手
  3. 1〜3人気騎乗時の戸崎圭太騎手
厩舎編
  1. 牡馬〜宗像、藤原英昭、田村厩舎
  2. 牝馬〜池添学、鹿戸厩舎
種牡馬編
  1. 今回1人気のハービンジャー産駒
  2. 今回1〜4枠のシルバーステート産駒
枠•脚質編
  1. 1勝•2勝クラスの2枠
  2. 新馬•未勝利戦の逃げ馬

以上で新潟2,000mの傾向分析となります。最後までありがとうございました❗️

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました